入門 考える技術・書く技術

入門 考える技術・書く技術―日本人のロジカルシンキング実践法 という本を読んだので読書のメモを残しておく。

本を読んだきっかけ

社内で考える技術・書く技術という本を勧めてくれる人が多いのだが、「結構難しい本なんだよね」という感想つきで勧めてくれるので手にとることを躊躇していた。そこで、似たような内容の本はないかを調べていたところ、こちらの本を見つけた。Amazonの評価も良いので読んでみることにした。

印象に残った箇所

印象に残った内容は下記の3点。

  • 読み手の疑問を明らかにする「OPQ分析」
  • 帰納法と演繹法によるロジック展開
  • メールは「感謝の言葉とPDF」

読み手の疑問を明らかにする「OPQ分析」

ビジネス文書で伝えるべき考え(メッセージ)は、読み手の疑問に対する答えである。したがって、相手を理解することこそが説得力あるビジネス文書を書くための重要なポイントとなる。読み手の疑問と、文書で伝えるべきメッセージを整理するのがOPQ分析である。

  • O:Objective 読み手が目指している望ましい状況
  • P:Problem 望ましい状況と現状とのギャップ・問題
  • Q:Question 問題に直面した読み手が抱く疑問
  • A:Answer 疑問に対する答えであり、文書の主メッセージ

OPQを整理することで、主メッセージがブレないものになる。そしてその主メッセージが次の項のロジック展開で導くべき結論となる。

OPQを正しく整理するためには、相手に対する理解が欠かせない。印象的だったのが下記の文。

さらに言えば、読み手を理解するには、日常の心がけが欠かせません。上司向けに報告書を書く人は、可能な限り上司からの食事の誘いに付き合い、上司の立場や考えを理解するようにします。そうすればいざ報告書を書くときに、上司の視点でOPQを考えやすくなります。

顧客に提案書を書く場合も同じです。常日頃から顧客とのコミュニケーションを密にし、顧客の関心や疑問を意識するようにします。

経営コンサルタントもマネージャー・クラスになると、頻繁に顧客と接し、時に食事をともにしながら顧客の本音を理解するように努めます。引用元:入門 考える技術・書く技術―日本人のロジカルシンキング実践法

帰納法と演繹法によるロジック展開

本書では、帰納法のロジック展開とは、複数の特定事項(前提)から要約(結論)を導くロジック展開 と定義している。そして「結論は常に推論となり、複数の前提から導かれた論理的に正しものである」としている。

本の中では、帰納法のロジック展開を、ピラミッドはの構造で図示している。(書籍より引用)

引用元:入門 考える技術・書く技術―日本人のロジカルシンキング実践法

上の箱に入っているものが結論で、下につながる箱が結論の根拠となる複数の前提となっている。この複数の前提は同じつなぎ言葉で結論と繋がる必要がある。

演繹法とはいわゆる三段論法のことである。ビジネスライティングでは、帰納法のロジック展開が8割以上となるので一旦メモは省略。

これらの構造を意識した上で、文章を記載する際に気をつけるべきことは、なるべく結論から記載することである。

メールは「感謝の言葉とPDF」

最近社内の勉強会でもメールがテーマに上がり、メールの書き方が良くない人が多いということが話題になった。自分も、今までの仕事であまり意識してこなかったが、マネージャーがシニアマネージャーに送るメールを見ていると、整然と表現されていて非常に伝わりやすい文章なので、それを見て以来、意識して真似するように心がけている。本書で紹介されているものもポイントはほとんど同じであったので、メモとしてまとめておく。

  • 感謝の言葉
    • メールの書き出しは感謝の言葉を綴るように心がける。これにより、相手への敬意が頭に蘇り、その後の文章を冷静に書くことができる。
  • P:Purpose Statement
    • メールの主メッセージ。まずは結論から書く。これができていない人が多い。
  • D:Detail
    • 主メッセージの理由や判断根拠、内容説明、具体案などを記載する。上述のピラミッド構造を意識すること。また必要であれば箇条書きで整理する
  • F:Follow-Through
    • ネクストアクションを記載する。読み手に求めるアクションや自分のアクションの説明

まとめと今後のアクション

ここで整理した内容は、普段仕事中に意識するようにと言われていることとそんなに変わらなかった。しかし、具体的な例を用いた説明で理解しやすかった。また、「しりてが」の禁止、体言止めはなるべく避けるなど、細かいTIPSも参考になった。体言止めについては文章が冗長になる場合はなるべく体言止めにするよう指導されたこともあるので状況に応じて使い分ける必要がありそう。何れにせよ、現職では文章を書く機会が多いので、日頃から意識し、繰り返すことで自分の文章をより良くしていきたい。

学びを結果に変えるアウトプット大全

久々の更新。

最近「学びを結果に変えるアウトプット大全」という本を読んだ。本によると、「インプットだけしていては身にならない、アウトプットをしてこそ身になる」とのこと。せっかくなので久々にブログを更新し、アウトプットしてみようと思う。

読書とアウトプット

社会人になるまで本を読んだことがなかった。読書を行うようになったのは、社会人2年目、Kindleを発売直後に買ってからだった。その時は読書がしたいという思いからではなく、話題のガジェットを触ってみたいと言うのがきっかけだった。それから、「書籍代は自分への投資」と考えることにし、面白い本を見つけては買い、時間があるとき読むという習慣がついた。

しかしながらアウトプットはほとんどしてこなかった。時々ブログを更新していた頃はたまにブログを更新することでアウトプットしていたが、ここ最近はそれもない。ただただ読むだけを繰り返していた。

ブックマークした箇所や気付き

いくつか仕事で使えそうな話はあったが、ひとまず「アウトプット」に関しては下記のところが印象に残った。

インプットはただの「自己満足」。「自己成長」はアウトプットの量に比例する。

今までの読書のスタイルは自己満足だった。仕事に関連する本を読んでも、なんとなくわかった気になるけど、「どんな内容だった?」「どこが面白かった?」とか聞かれてもすぐに答えられないのは、せっかく読んだ時間がもったいないなと思う。

自分がどう思いどう感じたのか?そこに「あなたらしさ」が盛り込まれると、あなたの「話」に価値が生まれ、耳を傾けたくなる。

単純に誰かの押し売りではなく、自分の話も盛り込んでみる。そうすることで自分のアウトプットに価値が生まれる。

次は仕事に使えそうな箇所もいくつかブックマークをつけたので、別の記事にしてみようと思う。

今後もアウトプットを継続してみる

しばらくは継続してアウトプットの時間をとってみようと思う。読書の内容、仕事での気付きなど。継続させることが難しいが価値あることだと思うので、なんとか工夫しながら続けてみたい。

フィリピン留学 7週目を終えて

7週間が過ぎた。先週末に受験したTOEICが終わったことで少し気が抜けている。

英語学習について

スピーキングの授業

今週から新たにスピーキングの授業を追加した。といっても内容はほぼフリートーク。個人的には日本のことを説明したかった。日本について知りたいことはあるかと聞いても、自由に語ってくれと言われ困ってしまった。個人的には外国の人から見た日本の不思議なこととか疑問に思うことがどんなことなのか知りたかったので、少し内容が薄い授業になってしまった。日本の政治には興味を持ってくれたようで、日本の政治の仕組みを説明したり、実態について自分の思うことなどを2日かけて説明した。普段のグループレッスンでは扱わないようなトピックを話すときに、自分に足りない語彙などを自覚し、復習として関連する言葉などを学習するきっかけとなる。グループレッスンでも社会問題などについて取り上げてほしいところ。

TOEIC試験の結果

TOEICの結果が木曜に帰ってきていた。このTOEICの結果が出るまでのスピード感は日本も見習ってほしい。ていうか、実質3日で結果出るのに、日本のTOEICは何に1ヶ月もかけてるのか疑問で思う。

結果はとL:415、R:345、合計760。
留学前の目標700〜730をクリアすることができた。正直、受験直後は公式問題集を解いた時のような手応えがなかったので、そんなに伸びてないかなと思っていたが、結果目標をクリア出来てよかった。

ちなみに前の週にトライした模試の結果は↓
ハイパー模試第2回L:367.5、R:377.5、合計:755。
公式問題集Vol.5 1回目L:475、R:360 合計835。

やっぱり公式問題集は少し簡単な気がする。しかし、TOEICの対策などについて調べていると、TOEICスコアアップの一番効果的な対策は公式問題集を繰り返し解くことって意見をよく見るので9月末の試験までは公式問題集を中心に対策をしていこうと思う。特にリスニングパートについては慣れで伸びる点数が大きい気がする。

生活

週末の3連休でパラワン島に行ってきました。
カルボンマーケットを見に行ってみた

フィリピン留学 6週目を終えて

風邪による入院を経て、フィリピン留学も終盤を迎えております。

英語学習について

5週目

6週目の週末、TOEICの試験をセブで受講することになったので、自習の内容をTOEIC重視にシフトした。授業の準備ももちろんするけど、準備にかける時間を少しだけ減らして、TOEIC向けの問題集を繰り返し取り組もことにした。Part5対策の問題集1冊目を3周ほど、Part7対策の参考書もひと通りした。リスニングは公式プラクティスを途中まで時間をかけて進めた。

ここに来て1週目トライしてみた、模試本の2回目の模試に取り組んでみた。

結果、L:350〜375、R:360〜385、合計:735〜760。
それぞれ間を取ってL:367.5、R:377.5、合計:755としよう。
目標スコアが出てたのでホッとした。というのも、1ヶ月が過ぎたものの、少し勉強に行き詰まりを感じていた。多分、聞き取りも喋りも以前よりはできるようになっているんだろうが、実感があまりない。そしてTOEICのスコアもほとんど変わらないでは、僕は何しに来たんだと。喋る能力はTOEICの結果とは直結しないし、TOEICのスコアなんて、英語と言うよりTOEICの勉強さえすれば上がるものなので、一概に英語力が上がったとは言えないことは理解しているものの、何かやったことを客観的に証明できるものに変わりないので、前向きに考え、6週目もTOEIC重点をおいた学習をすることにした。

6週目

今週は、リスニング公式プラクティスの問題を時間をかけて聞き、出来る限り音読もするようにした。チャレンジ問題はほぼ間違いなく正解できるようになったので自信がついた。Part5対策の問題集も2冊目に入り、2周ほど。火曜日に今度は公式問題集vol.5の1回目の問題を時間を測って解いてみることにした。

結果、L:445〜495(94/100)、R:315〜405(79/100)で予想スコア760-900。
間を取ってL:475、R:360 合計835。
うーん、できすぎ。リスニングはほぼ分かった。しかし、こんなに出来ていいのか?と思いつつも、やっぱりホッとして気が抜けてしまう。まあ、確実に進歩はしているんだろうと自分に甘く捉える。この週はこの公式問題集の問題を繰り返し解いて本番に備えることにした。

TOEIC本番

この留学の一つの成果測定であり、区切りと位置づけていたTOEIC試験。いい結果を日本に持ち帰りたいところであった。がしかし、言い訳するのも何なのだが、噂に聞いていたとおりリスニングの音がこもっていたり、音割れがひどい。試験開始も8時と聞いていたのに、結局8時40分だった。(これはアンケートに答えたりとか日本でもあるのを忘れていただけなんだけど、事前に告知されてた試験時間8時から10時ってのを見てたから、勘違いしてた。)力を出しきれず、消化不良な感じ。リーディングはやっぱり時間が少し足りなかった。あと少しなんだけど、ここは明確な課題。リスニングは、公式問題集に取り組む限りではほぼ聞き取れるので、後は本番どうやって精度を上げるか、ここは模索する必要がある。結果は来週帰ってくるらしい。

生活面など

風邪はすっかり治り、入院前の2週間よりは良い感じ。しかし、とうとう学校の食事に飽きが来てしまった。パサパサのご飯と硬い肉、ワンパターンの野菜の炒めもの。6週目は夜は毎日外食してしまった。留学中はなるべく出費を抑えるつもりだったのだが。。。後2週間、どうやってどうやって乗り切るか。。。

フィリピン留学 4週目

留学開始から4週間が過ぎた。

授業

発音レッスン

今週の先生は最近加入した新人の先生だった。フォニックスの2周目に入ったのだが、1周目の時に教えてもらていた発音と異なる指導をされるので戸惑うことが多かった。教え方や考え方は人それぞれなのは理解できるのが、どう付き合っていけば良いのか、難しいところ。

その他

グループレッスン、リーディング・ライティングの授業は今週はスピーチが無いため1、2週目と同様に進められた。なかなか、リーディング・ライティングで使用しているテキストで覚えた単語をグループレッスンで使うっていうのが難しい。正直どうやって喋れる語彙を増やせばいいのか、壁にぶつかっている感じがする。TOEICの対策を第一に掲げて、それなりに対策に自習時間を当てているので、TOEIC点は上がると思っているのだが、それがなかなかスピーキングにつながらない。しゃべる力は大きく伸びている実感が無い。もう少し他の人にアドバイスなどもらいながら、試行錯誤しなくては。。。

生活

先週だらけてしまっていたので今週は切り替えていこうと思っていた。
しかし、火曜日に体調を崩してしまい、一日中寝てしまっていた。おそらく熱が出ていた。水曜日には少しましになったものの、完全には良くならなかった。そのまま金曜には夕方から寒気と鼻づまり、土曜日に再び熱を出してしまった。土曜日にドクターに診察してもらったところ、入院して点滴を打ちながら病院のベッドでやすむほうが早く治ると言われ、入院することにした。
フィリピンで入院した話。

フィリピンで入院

8月2日〜4日、風邪で体調を崩してしまい入院した。

入院に至った経緯

この週の前半から体調を崩していて、火曜日は一日中寝込んでいた。多分熱が出てて、食欲も出ず。水曜には良くなったので、普通に生活していたが、どうしても睡眠環境が悪く、エアコンを切ると暑すぎて寝れず、つけていると寒すぎて体調を崩す、この繰り返し。結局金曜の夕方に少し熱っぽい感じの寒気と鼻づまりの症状が出ていて、土曜日起きてみたらどうも食欲わかないし、体が重い。結局医者に診てもらうことにした。すると、どう見ても顔色悪い、薬を処方してもいいけど、入院して2、3日様子を見たほうがいいと言われた。症状からして、ただの風邪なんだけど、病院のほうが睡眠環境が良いに違いないので、病院で寝るほうが早く治ると判断し、入院することに決めた。クレジットカード付帯の海外旅行保険があるから、自己負担なしで入院できた。日本で入院したことが無いので、人生初の入院だった。

入院生活

病室は個室だった。テレビもついていたが、フィリピンの言葉はわからないので、ほとんど付けなかった。急遽入院することになったので、とっさに着替えとKindleだけかばんに詰めて学校を出たので、Kindleで本を読むかiPhoneいじるくらいしかすることがなかった。英語の参考書とか持って行っておけばよかった。とりあえず池上彰の本を買ってずっと読んでた。最近何かとニュースで中東問題が話題になるが、正直何が問題なのかわかっていなかったので、わかりやすい本を探してたところ、ちょうど先週発売された本があったので読んでみることにした。さすが池上彰、中学生にもわかるレベルで優しく解説してある。この辺りの本を読んで概要を掴んでから、もう少し掘り下げた本を読むのが良さそう。

点滴を手の甲に打たれ、入院した2日の午後3時から退院した4日の午前7時ぐらいまで、約40時間点滴打たれっぱなしだった。結構太い針を手の甲にグリグリねじ込まれるのですごい痛かった。

点滴が繋がれているので、もちろんお風呂にも入れなかった。とは言え、ずっと横になっていられるし、寮の二段ベッドとは違いベッドから降りるのも楽だし、空調も温度設定できるため快適だった。

食事

病院の食事はまずいと聞いていたので、正直全く期待していなかったが、何もなければ食事くらいしか楽しみがないのも事実。しかし、やっぱりまずかった。そして何か、ぜんぜん病院食っぽくない料理が出てくる。
2日夜は魚のフライ。油っこくて食欲ない僕はほとんど食べれなかった。オレンジは美味しかった。
IMG_3080

3日朝はパンと鶏肉。鶏肉デカすぎ。朝からあんまり肉を食べるきにならないのでパンだけ食べた。ゆでたまごも味がついてたらいいんだけど、ゆでたまごだけではちょっと辛いので食べなかった。バナナは美味しかった。

3日昼はエビ。殻ごと食べようと思えば食べれそうだけど、それだと消化悪そうだし、殻剥くのめんどくさいし、めんどくさい思いしてまで食べようと思うほどエビが好きなわけではないので半分ほどしか食べなかった。スープはすごい塩辛かった。ここ病院じゃないの?フルーツサラダはまあまあ美味しかった。

3日夜は白身魚。こちらは全く味がしない。パサパサで美味しくないので1つしか食べなかった。お好み焼きぽいものはとりあえず食べた。オレンジは美味しかった。

4日朝はパンとベーコン。唯一完食出来た。

退院

3日の夜もまだ少し熱があったものの、気分自体はそんなに悪くなく、食欲も少し出ていた。4日朝はご飯も食べれたし、熱もなさそうなので4日の朝に退院した。海外の病院に入院するという貴重な体験ができた。海外旅行保険の重要性も改めて認識した。体調管理しっかりしないとね。

セブで有名な海鮮料理のお店 「STK ta Bay!」

先週学校の近くにある海鮮料理のお店「STK ta Bay!」に行ってみた。

もう一組、日本人のグループが店内にいたので聞いてみたところ、ITParkのあたりにある学校に留学中らしい。遠くからわざわざ来るぐらい有名なのだとか。週末本屋さんでLonleyPlanetのPhilipineを立ち読みしていたら、なんとセブの飲食店の中でも「Best!」として紹介されていた。

いつも店の軒先で魚を焼く煙が立ち上っていて気になっていた。
頼んだのはマグロのハラミ。PHP200。

それからエビ。

シーフードミックス。

どれもそこまで安くはないが(といっても日本と比べると全然安い)美味しかった。

買い物カゴは英語で ?

「Shopping Basket」です。

なかなか日常生活で当たり前のように使っている言葉の英訳が出てこなかったりする。海外で生活してみるだけでも避けては通れない言葉に触れる機会はあると思う。と、ふと思った。
ちなみに買い物した時にもらう買い物袋は「Plastic Bag」。

ちなみにスーパーでもマンゴーを売っている。日本のマンゴーを調べたら1kg4000円とかするのでだいぶ安いと思う。