カテゴリー別アーカイブ: ガジェット、家電など

タイ・プーケットでAIS TRAVELLER SIMを使ってみた

先日タイ・プーケット島に旅行に行った。僕のiPhoneはSIMフリーではないので、現地で利用しようと思うと、国際ローミングになり高額になってしまう。
そこで、どうにか現地でiPhoneを利用するいい方法がないか調べた結果、e-mobileのWiFiルーターであれば、基本的にSIMフリーなので海外SIMでも使えるとのこと。早速ヤフオクで中古のGL04Pを約4000円で落札して旅に備えた。

現地に到着し、早速プーケットのショッピングモール、JUNGCEYLONに向かう。
3階は携帯電話店というよりは、ガジェットショップみたいなお店が1フロアに何店舗も並んでいる。ただ、どの店も売ってるものは似たり寄ったりで、SIMフリーのiPhoneやアンドロイド、明らかにコピー品のApple製品の周辺機器などが並べられている。アンドロイドは日本では発売されていない新興国向けの廉価版ギャラクシーなどもあって、友人は1万円ほどで購入していた。
ここのどの店舗でもプリペイドSIMは購入できるみたい。


英語でSIMカードが欲しいことを伝えたら、「iPhone?アンドロイド?」と聞かれたので、モバイルルーターと答えると、どうもモバイルルーターが何かを知らなかったみたい。設定は自分でできると伝えると、アクティベーションだけしてもらった。どうも最初は携帯電話からアクティベーションを行わないといけないみたい。アクティベーションをしてくれるかを確認して購入するのが良さそう。


APNの設定は付属の説明書に書いてある。iPhoneからではうまく管理画面にログインできなかったので、ホテルに帰り友人のMacから設定を行う。

ローミング設定をオン。これはルーターの電源を切るたびに行わないといけない。
続いてプロファイルの登録。プロファイル名は適当にInternetとし、APN名は説明書にある通りinternetとする。その他はデフォルトのまま登録し、プロファイル選択で先ほど登録したプロファイルを選択する。
するとちゃんと3Gにつながるようになった。

速度も悪くない。

これで旅行中はいつでも友人と連絡が取れる状態になった。通話はLINEでできる。
ただ、繋ぎっぱなしにしとかないと、スリープになるみたい。長時間スリープになると、ローミング設定がオフになるみたいで、設定画面に入らないと再び繋げないみたい。

一度設定した後は、iPhoneからは、、、とURLを直に入力することで管理画面に入れるようになった。

一日繋ぎっぱなしにしておくと、電池がかなり減ってしまう。朝から夕方までならなんとか持つが、夜までとなるとモバイルバッテリーが必須。

海外旅行や出張に行かれる方は、お試しあれ。

creditcard

クレジットカードの磁気不良の応急処置

4年くらい前に作ったクレジットカードだが、最近磁気不良と思われる現象が多くなってきました。
買い物しててカードで払おうとしたら「使えないみたいですー」って言われたり、
新幹線の切符買おうとして、自動券売機に入れたら、最後の決済のところで「やり直してください」って出たり。。。

支払いはちゃんとしてるし、限度額も超えてないはず。実際ネットでカード決済する時に引っかかったこと無いし。

そこでカード会社のサポセンに電話して聞いてみると、やっぱり磁気不良の可能性が高いとのこと。
新しいカードを発行する(番号が変わる)か、今使ってるカードを送って取り替えてもらう
この2択だったが、番号が変わるといろいろとネットで登録してるの変わるから面倒だし、
カードを送って送り返してもらってる間、カード使えなくなるのもこまるし。。。

そう思ってネットで応急処置を調べてみると、Lifehackerでお手軽に出来そうなのを紹介してあったから試してみました。

読み取り不良の磁気ストライプカードはセロテープで応急処置!?

内容は磁気テープの部分にセロテープを貼るというもの。

試しに黒い磁気テープ部分にセロテープを貼ってみました。
ぱっと見ではテープを貼ってるのも分からない感じです。

こんなので本当に復活するのかなーと思いながら、先日JRの自動券売機で定期券を購入する際に使ってみました。
すると、一発で通りました!

ちょっと前に新幹線の切符を買うのに使ったときは、5回くらいやり直したけど、だめだったのに。
どうやら効果はあるようです。

USBひんやりクッション2を買ってみました

暑い夏、椅子に座ったままの作業ではお尻が蒸れてしまう。
椅子から空気が出てくればいいのにー、って思って調べてみると「USBひんやりクッション」なるものが存在することが分かった。
しかし「USBひんやりクッション」は既に廃盤となっており、現在では後継機種の「USBひんやりクッション2」というものが販売されているらしい。

USBひんやりクッション2

USBひんやりクッション2


そこで早速Amazonで調べてみると、さんざんなレビュー。
でも「まあ大げさに書いてあるだけで、無いよりかはあった方がマシでしょ。」と思い注文してみた。

で家に届いたのがこちら。

届いたひんやりクッション

届いたひんやりクッション


早速電源となるUSBをMacに繋いでみると、動作音はするものの風が全く感じられない。
電力が高いと言われるiPad用の充電器に繋いでみても変わらず。。。

Amazonのレビューには「ティッシュペーパーを置いてもぴくりともしません。」と書かれていたと思いますが、まさにその通り。
これは失敗。甘かった。

お尻が冷えるグッズ、今後も探してみよう。