カテゴリー別アーカイブ: 読書

[読書]ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者 ブラッド・ストーン

AmazonのCEOジェフベゾスの本を読んでみた。長かったけど、とても面白かった。だから自分はAmazonを使うんだよなと、何度も頷かされた。

徹底した顧客第一主義

Amazonの経営理念は徹底した顧客第一主義。これは本の最初から最後まで一貫して述べられていた。Amazonの歴史を振り返り、社内外の人間関係など複雑な過程を経て、大企業に成長していく様が描かれているが、ベゾスの顧客第一主義だけは、創業から今日に至るまで変わっていない。ほんとにブレない。例えばマーケットプレイスを始めた時にはやっぱり、仕入先からの反発はもちろん、社内からの反発も強かった。それは当然、新品の横に格安の中古書籍が並べてあれば、多くの人は中古書籍を買うに決まってる。それでも顧客に選択の自由を与えた。その結果マーケットプレイスはAmazonの売上の大きな部分を占めるまでに成長した。もちろんベゾスの目的はマーケットプレイスで大きな売上を上げることではない。ベゾスが目指すエブリシングストアへ向けて信じることを貫いた結果に過ぎないんだと思った。

今では当たり前になっているレビュー機能だが、当初は出版会社からレビュー機能について『君の仕事は本を売ることであって、本にケチをつけることではない』と批判浴びた。しかしベゾスは『我々はモノを売って儲けてるんじゃない。買い物についてお客様が判断する時、その判断を助けることで儲けているんだ。』と答えた。僕もAmazonを使うシーンを振り返ってみるとAmazonに判断を助かられているということがよくある。ベゾスの理念は海を超えた日本に住む僕にまで作用しているんだと思うと凄い。

AWS

AmazonがAPIを公開したのはティム・オライリーの助言がきっかけだった。「会社というのは、新しい技術から何が得られるかを考えるだけでなく、どうすれば他者がいろいろできるようになるかも考えるべき」「オンラインストアを区分けし、他のウェブサイトが区分けされた部分を活用できるようにすべきだ」っといったものだ。
それがきっかけとなりAPIが公開され、のちのAWSというクラウドサービスに繋がっていく。ベゾスは「Amazonがやるべきなのはプリミティブ(コンピューティングの構成要素)を作ることで、それ以外は邪魔をしないようにならなければならない。言い換えると、原子のようにシンプルな要素にインフラストラクチャを分解し、社外の開発者ができる限り自由にアクセスできるようにする。」という理念の下、サービスを開発するチームを設置していった。
また、需要変動にサービスを追従できる、無限にスケールアップできるような設計しろと部下に指示し、アーキテクチャの設計まで口を出していたらしい。部下はベゾスがどれ程おおきなことを考えていたのか理解できず、ベゾスを怒らせてしまうこともあったようだ。
また、価格についても、社内で意見が別れたが、ベゾスの意見で、赤字が長期に渡るような低価格が設定される。この理由としてベゾスはAppleのiPhoneを例に出した。iPhoneは利益率が高いからAppleに大きな利益をもたらしたが、今では価格競争に飲まれ、Androidの追随を許すことになっている。それなら始めから低価格、低利益率で打って出ることで、競合に付け入る隙を与えないようにしたのだ。
その結果、今日のAWSはベゾスが最初に掲げた理念の通り、社外の開発者や企業がWebサービスを使い、スケーラブルで優れたアプリケーションを開発できる、世界的大企業と寮に住む大学生が同じコスト構造を持ち、スタートアップや小企業が大企業と、互角に戦える場となった。プラットフォームを握ったのである。

ブラック企業とは何なのだろうか

最近日本ではブラック企業という言葉がよく聞かれる。低賃金で残業代が出ない、長時間労働、福利厚生を無いなどという、会社に対する不満が主な原因だと思う。その一方で、なぜ日本にはGoogleやApple、Amazonといった世界的な企業が生まれないのかと嘆く声もよく聞こえる。
しかし今回読んだ本に描かれているAmazonの労働環境や、以前読んだアップル帝国の正体に描かれているAppleの労働環境は、間違いなく日本ではブラックと言われ、世間から叩かれるようなものだった。Amazonは給料については具体的には触れられていないが、家には全く帰らず仕事に没頭したり、ベゾスにはひどい言葉を浴びせられながらも働き、ベゾスの理念を実現すべく働いき、今のAmazonを作っている。人の入れ替わりも激しい。この本に出てくる登場人物は入れ替わりが激しすぎて、正直ほとんど覚えられなかった。しかしそれでも、Amazonは世界的企業と賞賛され、就職を希望する人が後を絶たない。
仕事とは何なのか、一体みんなは仕事に何を求めてるのか、改めて考えさせられる。

サイモンシネックのゴールデンサークル

最近会社で見せてもらったTEDの動画を思い出した。Apple、ライト兄弟、マーチンルーサーキングなど、世界のリーダーは何が他の人とは違うのかと言った内容だ。

ざっくり言うと、大部分の人は、WHATにこだわる。目に見えて答えが出てるから。WHAT→HOW→WHYの順序で思考する。しかし実はそれでは人に訴求しない。世界のリーダーはWHY→HOW→WHATの順番で考える。まず、確固たる理念や理想があり(WHY)、それをどうやって実現するかを考えて(HOW)、その結果イノベーティブなモノやサービス(WHAT)が生まれ続ける。WHYを主張することが、人々に訴求する。
Amazonの場合も徹底した顧客第一主義、エブリシングストアの実現と言った理念や理想が常に中心にある。その理念がぶれないからこそ、新しいサービスが生まれ続け、人はAmazonに惹かれるんだということがわかる一冊だった。

その他、印象に残った言葉

  • アマゾンの文化は独特だ。会議でパワーポイントやスライドによるプレゼンテーションは行われない。そのかわり、6ページの意見書で要点を説明する。クリティカルシンキングを育むには散文形式の方がいいとベゾスは信じている。
  • 自分がどちらに行べきか考えるにあたり、ベゾスは後悔最小化理論なるものをひねりだす。「いろいろ悩みに悩んでいると、細かな部分にとらわれてわけがわからなくなったりします。でも例えば、80歳になった時、1994年の半ばという最悪のタイミングでウォールストリートの会社を辞め、ボーナスをもらいそこねたなぁと思い出すことはあり得ません。そんなの、80歳になってくよくよすることではありませんからね。逆に、このインターネットというもの、世界を変える原動力になると思ったものに身を投じなかった場合、あの時やっておけばよかったと心から後悔する可能性があると思いました。こう考えると・・・決断は簡単でした。」
  • 「それじゃだめだ。世界はものすごい勢いで変わってるんだ。僕も急がなきゃいけない。」
  • 私は、金の亡者ではなく伝道師の道を常に選びます。ただなんとも皮肉なのは、普通、伝道師のほうがたくさんのお金を儲けてしまうという点です。
  • 愛される企業について、愛想が良くて頼りになるだけでは、あるいは、顧客を中心に考えるだけでは不十分。重要なのは創意工夫をするところだと見られること、征服者ではなく探検者として見られること。
  • 一人の顧客が嫌な思いをした場合、その背景にはもっと大きな問題が隠れているとベゾスは考える。


[読書]モノを捨てよ世界に出よう 高城剛


高城さんの本を読むのは白本に続き2冊目。この本は『「ひきこもり国家」日本 』と、『70円で飛行機に乗る方法』の続編として書かれているらしいが、前作を読んでいなくても読む上での支障はなかった。

本の内容はとにかく海外に出て、外国で暮らしてみることを強く勧めるものとなっている。歴史上の偉人の言葉やエピソードを借りて、とにかく海外に出て暮らすという経験が、今後の人生を変える、というもの。高城さんの主張には頷けるものが多く、失敗を恐れず海外に出て行く勇気をもらえるような内容だった。個人的にはこれからはストックの時代ではないという主張には特に共感できた。僕もなるべくモノを減らして身軽になりたい。
また、高城さんがオススメする国や街の紹介がなかなか興味深かった。もう少し掘り下げて、街の紹介に重点を置いた本があれば面白いと思った。

幾つかのわかりやすい主張は、白本と同じものがあったが、白本を読んだ後でも読んでいて面白い内容だと思う。

    印象に残った言葉

  • 一度国際感覚を身につければ、どの国でも生きていけるようになるだろう。その能力は自信となり、引きこもりがちな心を開放し、より積極的に海の向こう側へ渡る力となる。
  • (英語学習に関して)広告に載っている単語は重要度が高いと知っておこう。日本ほど国民の基礎学力が高くない海外において、より多くの人に訴求しようとする広告では、特に汎用性の高い言葉やフレーズが使われているものだからだ。
  • 海外渡航先を選ぶ基準としては「世界都市」のランキングも参考になるだろう。一定の基準をもとにどれだけグローバルな国際性を持っているかを格付けしたもの。グローバリゼーションと世界都市研究ネットワーク(GaWC)が発表している。最高ランクはロンドン、ニューヨーク。次点は東京、パリ、香港、シンガポールなど。
  • 水や食料、エネルギー等を自ら入手できる個人や小さな集団が台頭するようになると思います。
  • (海外に飛び出すという)目の前にそびえたつハードルの正体は、時間やお金などではなく、変化することへの恐れだ。
  • もちろん、失敗することもあるだろう。しかし、やらずに後悔するよりは次に繋がるだろうし、自分の心を信じ続けることは、結果として大きな成功をもたらすものだと僕は信じている。まずは成功も失敗も考えずに、恐れにとらわれずに、自分と向き合おう。

[読書]白本 高城剛

[読書]10年後の仕事のカタチ10のヒント 松井博、大石哲之


昨年読んだ企業が「帝国化」する アップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔 (アスキー新書)の著者、松井さんがTwitterで宣伝していたので購入して読んでみた。
内容としては、これからの時代の働き方に関するトピックについて対談したものが収録されている。

大石さんはコンサル畑の方で、アジアを中心に自分で歩いて回って得た情報の引き出しを元に考えている感じ。一方の松井さんはアメリカで働き、生活することで考えた日本と外国の違いを語ってくれている。

二人とも意見の方向としては、やはり今後グローバル化、格差の増幅ということがテーマとなっている。大石さんは幅広く集めた情報などを元に意見を展開する。松井さんは働いて、生活して見えてきた外国、主にアメリカの実情を、自らが体験したエピソードを元に話している。

個人的には、実体験に基づく松井さんのエピソードの方が面白いはなしが多いように感じた。

印象に残ったところ

  • (アメリカの雇用文化について)正社員として働くメリットは健康保険。解雇されやすい・されにくいの問題ではない。
  • (転職の相談について)日本にいる人は、今までやったことのない仕事、異文化の仕事に就きたい、という希望が多い。インドや中国人はグローバルな視点だから、専門の領域でもっとデカイことできるイメージを持っている。
  • カンボジアでエンジニアを雇うと月2万円、日本でそこそこのエンジニアを雇うと月40万円。たった20分の1の人件費。同じコストならカンボジアで20人雇えてしまう。iPhoneアプリ案てあっという間にできてしまう。
  • 東欧はプログラムコンテストなんかやるとばんばん入賞するような大学とかごそごそある。でも東欧には仕事がないから、世界中からの仕事を安く引き受ける。
  • 自分が怠けたい一心で効率の良いやり方を考える。「言語」と「技能」は確かに大事だが、「仕組みづくり」ってのも大事
  • (アメリカの配管工がすごいハイテク化しているという話)実際にあなほったりといったものすごい重動労は人やとってやらせる。ホームセンターの前で立っているメキシコ人に掘らせる。で、自分はハイテク機器で原因だけ究明して、一番手が汚れる作業は下層ノマドにやらせるみたいなことが起きている。
  • (ベトナムで不動産業を始めた外国人が市場を独占しているという話について)先進国である仕事をそのまま持ってきているだけ。不動産の仲介業なんかありふれた仕事。必要なものは競争が無いところに最初に持っていく勇気。技能が無いなら勇気ぐらい持とう。
  • 「自分で決める、自分でリスクを背負う」って言う経験(起業など)は、会社で言われたことをやるのとは全く違う。
  • 東南アジアに行くとあり得ないことが色々起きる。それはもうそういうものだと思って慣れる。
  • (旅行のTipsについて)英語のガイドブックを読むのが良い。載っている観光名所も日本語のガイドブックとは違うから、別の旅をしている感じになる。「地球の歩き方」が絶対ではない。英語の本と両方見てみるのがよい。

[読書]白本 高城剛

昨年Kindleを購入して以来、今まで拒絶していた活字に触れることが多くなった。昨年は人生でも一番本を読んだ年になったと思う。今年は読むだけでなく読んだ本をなるべく記録に残していきたい。(新年の抱負)

沢尻エリカの元旦那であり、ハイパーメディアクリエイターといういかにも胡散臭い肩書きを名乗っていたことで知ることとなった高城剛氏の本を初めて読んでみた。

複数の著書があるようだったので、金額的にも手頃で、Kindleですぐ読めるというのもあって本書を手にしてみた。

本の内容は、本人のメールマガジンのQAから厳選したものを編集した内容となっている。

割としょうもない質問から、音楽などアートに関すること、ライフスタイル、悩み相談まで幅広い質問がカバーされていた。どの質問にも丁寧に答えてくれているのを見ると、メールマガジンも購読して、質問してみたいなという気持ちになる。

特に、これからの時代、社会、ライフスタイルに対する彼の考え方は、共感できるものも多く、もっと話を聞いてみたいという気持ちになるさせられる。彼の考え方を理解できない人も世の中にはたくさんいるだろうが、、、

ただ、内容的に少し薄いような気はした。というのも、やはり質問の分野が多岐にわたることで、それぞれの分野に対する意見などが薄くなっているような。どこかふんわりしている。ある意味クリエイターっぽいというか、概念的な話が多いというか。まあ280円という値段を考えると、不満と言うまでではない。数時間でさらっと読める、読みやすい本である。

この受け答えを見る限り、メールマガジンのQAでの受け答えは真摯に行ってくれそうなので、メールマガジンを購読し、自分のぎもんとか悩みをしっかりぶつけてみるのもありかなと。

また、他の著書には踏み込んで書いてあるのかもしれないので、もう少し彼の本を読んでみようと思う。

Amazonのレビューでは件数は少ないものの、高評価が多いが、おそらくメールマガジンの読者のようなファン層が書いているのだろうと想像できる。

280円を高いと思わなければ、買って読んでみるのはありだと思う。「ハイパーメディアクリエイター?胡散臭いよ。」と言わず、読んでみると、そんな敬遠する必要ない、意外と真面目な方という印象に変わると思う。ちなみに本書の中でハイパーメディアクリエイターの由来、その肩書きに対する本人の考え方が書いてあるが、本人は現在ハイパーメディアクリエイターを名乗っていないことも書かれている。

    印象に残ったところ

  • 今後大切なのは「英語」「コンピュータ」「国際感覚」「センス」の4点。Eメールで笑いが取れるということはこれらの要素を含んでいないとできないから、これが基準点
  • 人間関係を構築するとき、自分について話すことから始める。自分のiPhoneに「満員電車のビデオ」を入れておいて話のネタにすることで、自分や日本に興味を持ってもらうきっかけにする。
  • (結婚のアドバイスについて)悪い関係のときにどのようになるか、ということを見ることが大切
  • 誰かや何かに「楽しませてもらっている」と、つまらなくなることが増える。自分で自分を「楽しんでいる」と、ほとんどの場合つまらなくなることは無い。
  • 楽しい国、楽しい場所を選ぶ上で基準にしているのは、その国のトップチャートを見ること。日本のトップチャートはAKBや嵐だよね。。。
  • 海外を旅行する際、新聞を持って歩くと現地人にみられ、スリの危険が減る
  • 「なんとなく」はある日気がつくと大きく育っているもの。焦らず自分を信じること