カテゴリー別アーカイブ: Mac

MacBookPro 2011Early HDD換装

先日メモリを交換した私のMacBookProですが、しばらく買い替えるつもりも、資金も無いのですが、最近買ったマイクロ一眼カメラで写真を取ってたら、どうしても容量が気になって仕方ないので、思い切って1TBのHDDに交換しました。

ネットで調べても手順という手順は紹介されていませんでしたが、思ったよりも簡単に完了してしまいました。


まず、こちらが今回購入したHDDです。回転数も5400rpm→7200rpmになるので、性能アップも期待します。

家に転がっていた外付けHDDケースにつなぐと、ディスクユーティリティが開きます。

まずはフォーマットを行います。フォーマットは「MacOS拡張(ジャーナリング)」を選択します。

タイムマシンは使用しない。


1パーティションでフォーマットは「MacOS拡張(ジャーナリング)」を選択します。名前は「Macintosh HD」としましたが、これでは内蔵HDDと同じで紛らわしいので違う名前にした方がよさそうです。

これが完了したので復元を行います。ソースは内蔵HDD、復元先は外付けしている新しいHDD。しかし。。。

「起動ディスクは復元ソースとしては利用できません」とのメッセージ。
いろいろ調べてみると、再起動を行う際に⌘+RでOSが起動する前にディスクユーティリティを開けるので、そこで復元を行うみたいです。

再起動して⌘+Rを押すとOS Xユーティリティが起動しました。
ここでディスクユーティリティを起動します。

先ほどと同じように復元を行います。

今度はちゃんと始まりました。6時間と表示されましたが、4時間弱で終わりました。

星条旗?

完了したのでいよいよ換装です。
メモリ交換のときと同じように裏蓋を外します。
MacBookPro 2011Early メモリ増設


ここの留め具のネジを外すとHDDが外れます。


HDDに繋がるケーブルは、信じられないぐらい薄いです。慎重に扱いました。


新旧HDD。純正品にはリンゴマークがついてます。

側面に就いている留め具を付け替えます。
これには特殊な形式のドライバーが必要です。

元通りセットしたら起動します。

起動時間はログイン画面が表示されるまでの時間が52秒から45秒に、大幅な改善(7秒)が確認できました。

ちゃんと1TBになってます。これで安心してデータをぶち込めます。

ちなみに、Xbenchでベンチマークを取ってみました。
まずはメモリもHDDも交換する前。

メモリ交換後。

メモリ、HDD交換後。

スコアも改善されました。

あと2年は使いたい。。。

MacBookPro 2011Early メモリ増設

現MacBookProを買ったのはもう2年前、震災の1週間前だったなー。
大学卒業直前で、それまで使ってたDELLのinspironはメモリ2GBだったので、4GBとか贅沢過ぎだろとかそんな感じだったんだけど。。。
最近XCodeでiPhoneアプリを作ってみてる。iTunesで音楽聞きながら、Chormeでググりながら。するとやっぱり重いんです。そこで増設してみることにしました。
どうもMacBookPro 2011Earlyモデルはメーカー公称では最大8GBなんだけど、実際は16GB乗っけても動くらしい。けどまあ、とりあえず8GBにしてみて、不満があればまた増設すればいっかってことでAmazonでメモリを購入。

ドライバーは精密ドライバーじゃ無いといけないみたい。こちらはホームセンターで購入。

さて解体します。

ネジを順番に外していけば何てこと無いです。
両サイドのストッパーを開けば、パチンって取れます。

結構埃かぶってるみたいです。とりあえずエアダスターで吹いときましたw

起動して、「このMacについて」からメモリの状況を見てみます。ちゃんと8GBになってますね。

使用してみてですが、格段に良くなりました。今のところほとんどカクカクすることもありません。
7000円弱でこれなら満足ですね。

MacがiPhoneを認識しなくなったときの対処法

iPhoneの母艦としてMacBookProを使っているのだが、時々認識しなくなる。
対処法を調べてみた。

Appleの公式でも紹介されている。
iOS:iTunes for Mac OS X でデバイスが認識されない

毎度毎度、調べてみるが、結局再起動が一番手っ取り早くて確実みたい。

次回からは素直に再起動しよう。

Windows Vista Home Premium リモートデスクトップのホスト機能を有効化する

4年ほど前に購入したDell Inspiron。大学生の間ずっとメインに使ってたマシン。
卒業するときにMacBookProを買って以来放置ぎみだったが、放置しておくのももったいないし、Windowsでしかできないこともたまにあるので、どうせならリモートデスクトップでいつでもつなげるようにしておこう思ったので、やってみた。

ところが、OSであるWindows Vista HomePremiumのグレードにはリモートデスクトップのホスト機能を有効にすることができないらしい。

そこで調べてみると、パッチを当てれば有効化できることが分かった。

まず、以下のサイトよりSP1以降用のパッチのzipファイルtermsrv_sp1.zipをダウンロードする。
Enable Remote Desktop Connection on Vista Home Premium

ダウンロードできたら適当なフォルダに解凍し、自分のOSのグレードにあったバッチファイルを管理者権限で実行する。

たったこれだけ。
もしかしたらポートの設定も行う必要があるかもしれない。

以下のサイトを参考にした。
Vista Home SP2でリモートデスクトップのホストに挑戦





ちなみにMacからの接続はMicrosoftのRDC2を利用した。
接続時にはIPアドレスを指定する必要があるみたい。
Remote Desktop(Microsoft)

MAMPでMySQLが起動しない時の対処法

今更ながらMAMPをインストールしてみた。
設定いじってるとMySQLのサーバーが起動しなくなった。
そのときの対処法をメモ。

ターミナルから以下のコマンドを実行。

$ killall -9 mysqld

これでMAMPを再起動すると、MySQLもちゃんと起動するようになった。

-9オプションは強制終了らしい。

Mac OSのhostsファイルの場所

最近MacBookProを購入した。
hostsファイルの場所がWindowsとは違ったのでメモ。
場所は

/private/etc/hosts

にあった。

$ sudo vi /private/etc/hosts

などで編集できた。