月別アーカイブ: 2012年7月

USBひんやりクッション2を買ってみました

暑い夏、椅子に座ったままの作業ではお尻が蒸れてしまう。
椅子から空気が出てくればいいのにー、って思って調べてみると「USBひんやりクッション」なるものが存在することが分かった。
しかし「USBひんやりクッション」は既に廃盤となっており、現在では後継機種の「USBひんやりクッション2」というものが販売されているらしい。

USBひんやりクッション2

USBひんやりクッション2


そこで早速Amazonで調べてみると、さんざんなレビュー。
でも「まあ大げさに書いてあるだけで、無いよりかはあった方がマシでしょ。」と思い注文してみた。

で家に届いたのがこちら。

届いたひんやりクッション

届いたひんやりクッション


早速電源となるUSBをMacに繋いでみると、動作音はするものの風が全く感じられない。
電力が高いと言われるiPad用の充電器に繋いでみても変わらず。。。

Amazonのレビューには「ティッシュペーパーを置いてもぴくりともしません。」と書かれていたと思いますが、まさにその通り。
これは失敗。甘かった。

お尻が冷えるグッズ、今後も探してみよう。

[SQLServer]convertでdatetime型を文字列型に変換するときによく使うstyle

SQLServerでdatetime型からvarchar型に型変換を行うときに、convert関数を使うが、単純に

convert(varchar,getdate())

とすると出力結果は

2012-07-23 22:13:12

という出力になってまう。

convert関数の構文は以下。(CAST および CONVERT (Transact-SQL)より)

Syntax for CONVERT:
CONVERT ( data_type [ ( length ) ] , expression [ , style ] )

第三引数のstyleでフォーマットを指定する。

このstyleの値が数値なのだが、よく使うものをまとめておく。

styleの値

フォーマット

出力例

111

yyyy/MM/dd

2012/07/23

112

yyyyMMdd

20120723

108

hh:mm:ss

15:18:05

以下、使用例。

-- [1] yyyy/MM/dd形式
-- [出力結果] 2012/07/23
select convert(varchar,getdate(),111)

-- [2] yyyyMMdd形式
-- [出力結果] 20120723
select convert(varchar,getdate(),112)

-- [3] hh:mm:dd形式
-- [出力結果] 15:18:05 
select convert(varchar,getdate(),108)

-- [4] (応用)hh:mm形式
-- [出力結果] 15:18
select LEFT(convert(varchar,getdate(),108),5)

MacがiPhoneを認識しなくなったときの対処法

iPhoneの母艦としてMacBookProを使っているのだが、時々認識しなくなる。
対処法を調べてみた。

Appleの公式でも紹介されている。
iOS:iTunes for Mac OS X でデバイスが認識されない

毎度毎度、調べてみるが、結局再起動が一番手っ取り早くて確実みたい。

次回からは素直に再起動しよう。

情報セキュリティスペシャリスト試験合格

4月に受けた情報セキュリティスペシャリスト試験に合格していました。

午前1 78.2点
午前2 80.0点
午後1 70点
午後2 77点

H21.春試験で応用情報技術者試験に合格し、H21.秋試験に情報セキュリティスペシャリスト試験を受験したことがありますが、そのときにはなんと午前1試験で不合格でした。
本来であれば午前1は免除となるはずなのに、申し込み時に忘れていたため午前1も受験することになり、そこで不合格という恥ずかしい結果でした。

大学4年の頃のアルバイトと研究室での経験が今回の合格に繋がりました。
特に午後試験の内容は学生の頃の経験が生きたと思います。
例えば
・Webサーバーのログ解析
・SQLインジェクションの分析と対応
・ネットワークの構築(TCP/IP)
いずれも、遊び程度で自慢できるほどのことはしていませんが、遊び程度の経験で取れるもんなのだなと思いました。
興味を持つこと、実践することが何よりの勉強なのだと思います。

午前試験の問題も多くはその経験の中で得たものだったのですが、参考書を使って整理、確認、+αの知識を得るという対策を行いました。
使った参考書はポケットスタディシリーズの高度試験共通 情報セキュリティスペシャリスト
の2冊です。

この参考書がAmazonでの評判もよく、過去問題を中心にまとめられているので効率よく試験の対策が出来ると思います。
参考書を読み始めたのは試験の1ヶ月前から。昼休みの空いた時間などで進めました。
試験の1週間前には午前の過去問題を3回分ほど解いてみると、7割程度は安定して取れていたので、良しとしました。
特に午前問題は範囲が広く、分厚い参考書などでは読み進めるのに時間がかかる上、なかなか要点がしぼられないです。ポケットスタディは分厚くなく、過去問に対する解説という形式なので、効率よく対策できます。
やはり繰り返し出る問題はあるようで、過去問が有効な対策であることは間違いなさそうです。

午後の対策としては特にしていませんが、ポケットスタディの情報セキュリティスペシャリストの本は参考になりました。
午前問題と午後問題が織り交ぜてあるので、問題に対する解答の観点などが参考になりました。

ポケットスタディシリーズが気に入ったので、秋に受験を予定しているネットワークスペシャリスト試験でも利用したいと思います。