月別アーカイブ: 2013年3月

メールとインスタントメッセンジャー

今日ホリエモンがLINEとドコモのSPモードメールの感想を述べてた。

僕はあまりLINEを使わないけど、iMessageはよく使う。やっぱりメッセンジャーアプリの方がコミュニケーションは圧倒的に楽。祖母がらくらくホンを使ってて、時々使い方を聞かれるけど正直僕でも操作が分からない。
iMessageにしろ、LINEにしろ、Facebookのメッセンジャーにしろ、会話形式でやり取りできるインターフェースは直感的に扱える気がする。スマホやタブレットのようなタッチパネルとの相性がいいんだろうな。

メッセンジャーアプリがメールに代わってコミュニケーションツールの主流になると、携帯電話は今まで以上にキャリアにこだわる必要ってなくなる気がする。
「メールアドレス変わるのめんどくさいし。」みたいな理由でキャリアを変えるのを躊躇してた人も携帯電話を変える時にキャリアの選択肢が増えるんじゃないだろうか。
キャリアにこだわるのが嫌だから、僕もスマホに変えるタイミングでキャリアのアドレスからGmailにメインのメールアドレスを移行してたけど、時代はメールじゃなくてメッセンジャーアプリになっていくんだろうか。

使わなくなったiPhone4、祖母に貸して、とりあえず家族とのやり取りのLINEだけでも使わせてみようかな?

[Excel][VBA] VBAでテキストデータを出力する

VBAでエクセルの内容を処理し、テキストデータとしてアウトプットする。

例として以下のようなエクセルのファイルをよういする。

これをA1:B10の範囲でCSVとしてアウトプットする。

Sub CSV_OUTPUT()

    fnsave = "d:\work\出力結果.txt" 'アウトプットの場所
    numff = FreeFile
    Open fnsave For Output As #numff
    
    temp = ""
    For i = 1 To 10
        '各セルをカンマ、改行文字を間に挟みながら、
        '一つの文字列として連結する
        temp = temp & Cells(i, 1) & "," Cells(i, 1) &char(13) & char(10)
    Next i

    '文字列をファイルに出力する。
    Print #numff, temp

    Close #numff
    
End Sub

出力結果は以下のようになる。

1,aaa
2,bbb
3,ccc
4,ddd
5,eee
6,fff
7,ggg
8,hhh
9,iii
10,jjj

今回は一つの文字列として最後に出力を行ったが、都度出力を行うやり方の方が分かりやすいかも。

[Excel][VBA] 処理の途中経過をステータスバーに表示する

VBAで処理を流すとき、件数が多ければ途中どれだけ処理したかが分からないまま固まってしまったような画面になってしまう。そこで処理の途中経過をステータスバーにメッセージとして表示することで、処理の進捗具合を確認できるようにする。

ステータスバーへのメッセージ表示は以下の文で行える。

Application.StatusBar = "処理実行中....(現在 " & i & "件)"

以下、サンプルのコード。

Sub macro1()

    Dim i As Integer
    
    '10000回表示を繰り返す
    For i = 1 To 10000
        '処理中の件数の表示
        Application.StatusBar = "処理実行中....(現在 " & i & "件)"
    Next i

    '完了と処理件数の表示
    Application.StatusBar = "処理完了....(全 " & i - 1 & "件)"
End Sub

処理中の表示。

完了時の表示。