VB.netでCSVファイルを取り込み、構造体の配列にセットする

FormLoad時にexeと同じディレクトリにあるinput.csvファイルを取り込む。
CSVは5列とし、1列目、2列目には数字のみ入るものとする。

Public Class Form1

    ' Form内で使用する共通の変数をセット
    Private sp() As Splr
    Private Max As Integer

    'FormLoad時にインプットとなるCSVファイルをグローバル変数の構造体の配列にセットする。
    Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Me.Load
        Dim fileName As String = "Input.csv"    'ファイルのパス
        Dim fileNo As Integer = FreeFile()              'ファイル番号を取得
        Dim n As Integer = 0
        Dim seq As Integer = 0

        FileOpen(fileNo, fileName, OpenMode.Input)
        Do Until EOF(fileNo)        'ファイルの最後までループ
            ReDim Preserve sp(n)
            ' CSV各項目をセット
            Input(fileNo, sp(n).col1)
            Input(fileNo, sp(n).col2)
            Input(fileNo, sp(n).col3)
            Input(fileNo, sp(n).col4)
            Input(fileNo, sp(n).col5)
            'カウンタを進める
            n += 1
        Loop
        '結果行数をセット
        Max = n - 1
        FileClose(fileNo)

    End Sub

    Private Structure Splr
        '5列のCSVファイルを想定
        Dim col1 As Integer
        Dim col2 As Integer
        Dim col3 As String
        Dim col4 As String
        Dim col5 As String
    End Structure


End Class

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です