タイ・プーケットでAIS TRAVELLER SIMを使ってみた

先日タイ・プーケット島に旅行に行った。僕のiPhoneはSIMフリーではないので、現地で利用しようと思うと、国際ローミングになり高額になってしまう。
そこで、どうにか現地でiPhoneを利用するいい方法がないか調べた結果、e-mobileのWiFiルーターであれば、基本的にSIMフリーなので海外SIMでも使えるとのこと。早速ヤフオクで中古のGL04Pを約4000円で落札して旅に備えた。

現地に到着し、早速プーケットのショッピングモール、JUNGCEYLONに向かう。
3階は携帯電話店というよりは、ガジェットショップみたいなお店が1フロアに何店舗も並んでいる。ただ、どの店も売ってるものは似たり寄ったりで、SIMフリーのiPhoneやアンドロイド、明らかにコピー品のApple製品の周辺機器などが並べられている。アンドロイドは日本では発売されていない新興国向けの廉価版ギャラクシーなどもあって、友人は1万円ほどで購入していた。
ここのどの店舗でもプリペイドSIMは購入できるみたい。


英語でSIMカードが欲しいことを伝えたら、「iPhone?アンドロイド?」と聞かれたので、モバイルルーターと答えると、どうもモバイルルーターが何かを知らなかったみたい。設定は自分でできると伝えると、アクティベーションだけしてもらった。どうも最初は携帯電話からアクティベーションを行わないといけないみたい。アクティベーションをしてくれるかを確認して購入するのが良さそう。


APNの設定は付属の説明書に書いてある。iPhoneからではうまく管理画面にログインできなかったので、ホテルに帰り友人のMacから設定を行う。

ローミング設定をオン。これはルーターの電源を切るたびに行わないといけない。
続いてプロファイルの登録。プロファイル名は適当にInternetとし、APN名は説明書にある通りinternetとする。その他はデフォルトのまま登録し、プロファイル選択で先ほど登録したプロファイルを選択する。
するとちゃんと3Gにつながるようになった。

速度も悪くない。

これで旅行中はいつでも友人と連絡が取れる状態になった。通話はLINEでできる。
ただ、繋ぎっぱなしにしとかないと、スリープになるみたい。長時間スリープになると、ローミング設定がオフになるみたいで、設定画面に入らないと再び繋げないみたい。

一度設定した後は、iPhoneからは、、、とURLを直に入力することで管理画面に入れるようになった。

一日繋ぎっぱなしにしておくと、電池がかなり減ってしまう。朝から夕方までならなんとか持つが、夜までとなるとモバイルバッテリーが必須。

海外旅行や出張に行かれる方は、お試しあれ。

タイ・プーケットでAIS TRAVELLER SIMを使ってみた」への1件のフィードバック

  1. めい

    プーケット(カオラック、シミラン方面)でどのキャリアのシムが使えるか、AISのSIMはプーケットで帰るのかを検索していて、ここにたどり着きました。情報有難うございます。
    2016年1月現在、プーケット国際空港のバゲージクレーム内にtrue moveのコーナーが、到着ロビーにAISの大きなカウンターが出来ていました。バンコクのドンムアン空港は変わらずtrue moveのみですが、はす向かいの売店でdtac,AISのSIMも購入可能です(定価ではありません)。設定等に関しては変わらないかと思います。

    今回こちらの記事に助けられたので、新しい情報を残していきます。参考にされる方がいらっしゃるかと思うので、スペースお借りします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です