iPhone5のバッテリーを自分で交換してみた


僕が使ってるiPhone5は、昨年3月に一度交換してもらったので、使い始めて11ヶ月ぐらいになる。最近バッテリーがヘタってきたのか、持ちが悪くなってる気がする。朝まで充電して100%で家を出たのに、電車の中でずっと触ってたら1時間半の移動の間に17%になることも。10%残ってると思ったらいきなり落ちたり、15%→7%→13%と不安定な動きをすることもある。

調べてみると自分でも交換できそうなので、Amazonで交換セットを約1200円で購入して、自宅で交換してみることにした。

付属のドライバーが使えないというレビューが何件かあったが、僕の場合は問題なく両方共利用できた。

まずはおなじみ、星型ネジでLightningの口の両横にあるネジを外します。

付属の吸盤をホームボタン付近にくっつけ、慎重に引っ張ります。
液晶画面のコネクタは、パワーボタン付近にあるので、千切れないよう気をつけ、ホームボタン側から開けます。

結構固かったですが、少し隙間が開いたら、付属の工具でグイグイ開けていきます。

開きました。

付属のプラスドライバーでここのネジを3本外します。ディスプレイとのコネクタを覆っています。

3本のコネクタ部分が露出するので、付属の工具を利用して上から順番に外していきます。

ディスプレイが外れます。

次にバッテリーのコネクタ部分を覆うプレートを外します。
プラスドライバーでネジを3本外します。

ディスプレイのコネクタと同様に、コネクタを付属の工具を利用して外します。

問題のバッテリーです。
参考にした動画では、シートを上に引っ張ればバッテリーが外れていますが、実際は止められていてなかなか外れません。
付属の工具も力を入れ過ぎたら折れると書かれてあったので、僕は金属製の毛抜を使って剥がしていきました。
周りから徐々に剥がしていくと外れます。バリバリ音がしましたが、思い切って外しました。

新旧のバッテリー。

あとは外した部品を元に戻していくと完成です。

これでバッテリーの持ちが良くなればいいんだけど。。。


参考:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です