Ruby on Railsを触ってみる ⑤rails_configの導入

Omniauthを導入した時に、TwitterのAPIキーをdevise.rbに記述している。このままGithubにPushできないので、.gitignoreに追記している。これを定数のようなもので置き換えたい。

調べてみると、rails_configってGemが定番らしいので導入してみる。

Gemfileの編集とbundle install の実行。

$ git diff Gemfile
diff --git a/Gemfile b/Gemfile
index 587addf..1d3520d 100644
--- a/Gemfile
+++ b/Gemfile
@@ -53,3 +53,6 @@ gem 'kaminari'
 gem 'devise'
 gem 'omniauth-twitter'
 
+# manage environment specific
+gem 'rails_config'
+

$ bundle install

インストールする。

$ rails g rails_config:install

settings.local.ymlに環境変数を記述する。

twitter:
  api_key: twitter_access_token
  api_secret: twitter_access_secret

config/initializers/devise.rbを編集。

  config.omniauth :twitter, Settings.twitter.api_key, Settings.twitter.api_secret, :display => 'popup'
end

.gitignoreからdevise.rbを除外しておく。

これでスッキリした。動作確認をしてみても問題なかったのでOK。
rails config twata701/twice GitHub

参考:
rails_config 使ってみた – Kyuden@Sler

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です