Ruby on Rails を触ってみる ⑦renderを使って一覧を整形

現在のツイート一覧はscaffoldで生成されたデフォルトのページのままで、非常に見づらい。ツイート一覧を表示するのが目的で、実際のTwitterのTLとは違い、自分のツイートしかないのでひとまず、①ツイート本文、②ツイート日時の2つの情報のみを表示させよう。

renderを使うのでViewファイル、_tweet.html.erbを作成する。

<div class="tweets">
  <p class="tweet-text"><%= tweet.text %></p>
  <p class="tweet-date"><%= tweet.timestamp %></p>
</div>

viewファイルtweets/index.html.erbは思い切って書き換える。

<h1>ツイート一覧</h1>

<%= render(@tweets) %>

<%= paginate (@tweets) %>

これだけでOK。

一度表示させてみよう。

いい感じに必要な情報だけ表示できるようになった。

ページネーションも問題なし。

twilogを参考に(笑)tweets.css.scssを少しだけ修正。

.tweets {
    border-bottom: 1px dotted #ccc;
    padding: 10px 15px 5px 20px;
    position: relative;

    .tweet-text {
        font-size: 108%;
        color: #444;
        line-height: 1.4;
        margin-bottom: 6px;
        word-wrap: break-word;
        word-break: break-all; 
    }
    
    .tweet-date {
        color: #999;
        font-size: 13px;
    }
}

いい感じに見やすくなったかな。

時間の表示が日本時間ではないので修正したい。
config/application.rbにタイムゾーンの記述を追加する。

$ git diff config/application.rb 

     # Set Time.zone default to the specified zone and make Active Record auto-convert to this zone.
     # Run "rake -D time" for a list of tasks for finding time zone names. Default is UTC.
-    # config.time_zone = 'Central Time (US & Canada)'
+   config.time_zone = 'Tokyo'

これで日本時間表示になる。

しかし長ったらしい。時刻の表示フォーマットを指定しよう。
Viewファイル、tweets/_tweet.html.erbを修正。

<div class="tweets">
  <p class="tweet-text"><%= tweet.text %></p>
  <p class="tweet-date"><%= tweet.timestamp.strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S") %></p>
</div>

実行してみると、見やすい表示に。

Update list of tweets twata701/twice GitHub

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です