香港旅行 2日目 マカオ セナド〜カジノ

香港旅行 2日目 湾仔〜朝食の点心〜マカオ行きフェリーからの続き。

フェリーターミナル〜カジノへ

1時間ほどでマカオに到着。入国審査を済ませ、フェリー乗り場の外に出る。しかし、ガイドブックなども持たず、事前調査も特にしていないのでどこに行けばカジノがあるのか、世界遺産があるのかもわからなかった。フェリー乗り場の前で客引きをしているおじさんに、車で世界遺産を巡るツアーに行かないかと声をかけられるも、判断つかず。


そこで、以前読んだ高城剛の本に書かれていたアドバイスを思い出した。

空港に到着したら先ずは旅行者向けのインフォメーションカウンターに行って地図をもらおう。空港で配られる旅行者向けの地図はとても親切にできていることが多い。

早速フェリー乗り場の旅行者用インフォメーションカウンターを探し地図を手に入れる。

カウンターの人に「カジノとセナドに行きたいのだけど、どこのカジノに行けばいいか」と尋ねると、リスボアというカジノがセナドから近く、無料のシャトルバスも出ているということを教えてくれた。
マカオにはたくさんのカジノがあるが、大きなところはだいたい無料のシャトルバスがあるみたい。うまく使えば移動にお金がかからない。

バスに乗り込みカジノに向かう。
リスボアに着くまでの間もたくさんのカジノがあった。ホテルに併設されているものが多く、派手な建物が多い。

リスボアに到着した。リスボアも幾つか建物があるみたいだけど、一番でかいのは金色のビルですごい派手。

マカオの街

雨が降りそうな天気だったので、雨が降る前にセナドに行ってみることに。

リスボアからセナドまでは歩いて15分ほどだけど、道には観光客が溢れかえっていた。すごい活気だった。

セナド

セナドに到着。

西洋風の建築の中に中華系のお店があったりするのでなんとも不思議な感じ。

一つ路地に入るとアジアって感じのマーケット。ド派手なカジノの建物と西洋風の建築物とアジアのマーケットの景色が一つの構図に収まるというカオスな感じが面白かった。

カジノで遊んで香港に戻る

再びリスボアに向かいカジノで遊ぶ。カジノ内は撮影できなかった。30分ほどルーレットで遊んだけど4人中勝ったのは僕だけ。500HKDが1500HKDになったので、晩御飯に使うことにした。

シャトルバスを使いフェリー乗り場まで行き、再びフェリーで香港に戻る。

香港旅行 2日目 晩御飯に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です