タグ別アーカイブ: フィリピン語学留学

買い物カゴは英語で ?

「Shopping Basket」です。

なかなか日常生活で当たり前のように使っている言葉の英訳が出てこなかったりする。海外で生活してみるだけでも避けては通れない言葉に触れる機会はあると思う。と、ふと思った。
ちなみに買い物した時にもらう買い物袋は「Plastic Bag」。

ちなみにスーパーでもマンゴーを売っている。日本のマンゴーを調べたら1kg4000円とかするのでだいぶ安いと思う。

フィリピン留学3週目

週末のボホール島ツアーを経て、フィリピン留学も3週目に突入した。

授業について

新しい先生が先週から続々と入ってきている。どうも先生の質にばらつきがあるようで、やはり新しい先生は頼りなかったりするみたいだ。ただ、幸いなことに僕についてくれる先生は先生歴が長く人気の先生。先生とも少しずつ打ち解けて会話ができるようになってきた。

リーディング・ライティング

今週は木曜にスピーチコンテストがあるので、授業ではほとんどテキストは使わず、スピーチ原稿の訂正と練習に当てられた。なかなか題意に沿ったスピーチの内容を思いつかないので苦労した。上でも触れたが幸いなことについてくれている先生がベテランで、スピーチっぽい言い回し、話し言葉のボキャブラリーを教えてくれるので、これはこれで勉強になる。

発音

相変わらずRとL、BとVがこんがらがる。あと特に苦労したのはwoodとかwoolの発音。どうしてもできなかった。後、theがdaに聞こえるらしい。ただ、意識すると、RとLを聞き分けられるようになってきたので、この調子で2周目を進めたい。

スピーチ

今週はスピーチコンテストというものがあった。僕が属しているレベルの人が対象となっていた。全員に共通したテーマが与えられ、木曜日のグループレッスンで発表となる。グループレッスンは3人ごとに行われていて、3人のうち、一番良かった人が土曜日に再び、全員の前でスピーチして順位を競うという方式。今回のテーマは「将来の夢や、自分のあこがれ」といったものだった。正直今一番考えたくないテーマだった。悩んだ末に、「将来の夢や自分のあこがれについては考えても出てこないので、最近見た夢の話をします」という方向で行くことにした。添削をしてくれる先生に見せたところ、怒られると思いきや、「面白いからいいと思う」と言われたので、それをブラッシュアップして、練習することにした。

木曜日、グループレッスンの発表した。他の二人は将来の夢について語っていたが、流暢さにかけたり、少しインパクトが弱かったりといった様子だった。僕はテーマが微妙なのでせめてしゃべりはちゃんとしておこうと思い、結構時間をかけて練習していた。その結果、ふざけた内容にもかかわらず予選を突破してしまった。

土曜日、前日の飲み会のせいで若干二日酔いで気分が悪い中スピーチコンテストに出場した。他の発表者はさすがに予選を勝ち抜いているだけあって、内容にも発表の仕方にも熱意がこもっていて上手っだった。僕はというと、意外と流暢さが評価された。個人的にもそれなりに明るい雰囲気を保てて、しっかり喋れた気がしていたので、もしかしたら3位ぐらいにはなれるかと思っていたら、最下位だった。。。まあ、あんなふざけた内容が3位だったら他の人にも申し訳ないよねってことで納得はできた。なにより流暢さについてコメントが有ったのは自信になったので良かった。今後もしっかり音読を続けようと思う。

その他

今週はスピーチの練習に大きく時間を取られた。後、少しだれてきたのかあまり力がわかなかった。同時期に入学した人がまた今週も卒業してしまい、少しさみしい。
その他あったこととか。
セブで有名な海鮮料理のお店 「STK ta Bay!」に行った話
買い物カゴを英語でなんて言えばよかったかわからなかった話

フィリピン語学留学 1週目を終えて

2014年6月に勤めていた会社を退職した。
いろいろやりたいことをやってみたいと思い、以前からやってみたかったセブ島留学というものに挑戦することにした。
7月5日(土)に寮に到着。
翌月曜から授業が始まった。8週間の予定。

学校とか授業のこと

授業は1日3コマ。1コマ基本的には50分。リーディング・ライティング授業が1コマ、発音矯正レッスンが1コマ、グループレッスンが1コマ。

発音矯正レッスン

発音矯正は思った以上にハード。日本人にさえ「ぼそぼそ喋るから、何言ってるか聞こえない」と言われることが多い僕にはかなり疲れる授業。英語は日本語よりも口を大きく動かす言語らしい。8週間終わる頃には僕のぼそぼそしゃべる癖もなくなってるといいんだけど。
苦手な発音は f, a, rの絡む奴。
使っている教材はフォニックス。

リーディング・ライティング

Standerd1800を使用。

ここでも結構発音直される。ただ、今まではセンテンスの中の強弱を意識して音読する機会がなかったので、とてもいい勉強になる。ひと通り音読した後は、文中に出てくる単語を幾つか使った英作文。個人的に英作文の練習は喋れるようになるためにはとても大事な練習だと思っている。けど、シチュエーションを指定された上、指定された単語を使ってロールプレイしてくれと言われても、想像力の乏しい僕は、そもそも日本語でさえセリフが思い浮かばないから時間がかかってしまう。
そこで、宿題として、文章の要約を自分なりに行って、次の授業で添削してもらうことにした。効果があるのかは分からないが、新しく出てきた表現や、文法がおかしくないかの確認になるし、英作文の機会を増やすことになるので、暫くは続けていこうと思う。

グループレッスン

TOEICのレベルごとにクラス分けされ、同じぐらいのスコアの人3人で受講する。TOEICのPart1のような写真が1枚与えられ、何が読み取れるかを英語でそれぞれ発表する。他人の発表に対して、同じことを違う表現で言えないかをディスカッションする。他の人の英語を聞けるのは面白い。

自習

基本的に日中は授業がない間は自習をしている。1日5時間ぐらい。授業の予習復習が3時間ぐらい、その他の時間はTOEIC対策の教材を使っている。平日の勉強時間はひとまず8時間を目標としようと思う。

生活

2人部屋で共同生活。相部屋の生徒は歳が一回りくらい上の方。6週目らしく、セブ島での遊び方を教えてくれる。個人的には少し落ち着いてから遊びに行きたい。みんな日本人なので、基本的に授業以外では日本語を使っている。同期入学の人と少しずつ話せるようになった。思ったよりも年上の方が多い。8月以降は学生が増えるらしい。

寮の外

買い物をしに出かけるくらい。基本的にはタクシーを使う。セブシティの中心部にあるアヤラモールまではタクシーで15分位。タクシーは初乗りがPHP40でアヤラモールまではPHP70〜90ぐらいで行ける。道の混み具合によってかかる時間が変わる。同期入学で友だちになった人と、アヤラモールのスポーツジムに入会した。会費はPHP3450と高め。もともとジョギングとかできればと思って、シューズとか持ってきてたけど、とてもじゃないけど走れるような環境じゃない。いろいろ汚い。道も、空気も。だから定期的に運動するためにも仕方ないコストかなと思いながら入会した。

その他思ったこととか

物価が安いと言われるが、物による気がする。例えばビールはめちゃ安い。飲食店でサンミゲルを飲んでもPHP40くらいで飲める。タクシーもめちゃくちゃ安い。でも、スマホとか、電化製品は日本のほうが安く手に入るんじゃないかと思う。あと、汚い。リゾート地のセブ島のイメージが有るのは実は空港があるマクタン島の方で、セブシティは汚いって話は聞いていたから、まあ期待は全くしていなかったが、想像を超えていた。面白いことがあれば随時ブログに載せたい。
セブ島の牛乳を飲んだ話
セブでApple製品を扱うお店に行ってみた話
セブでiPhone5をSIMフリーにした話

TOEICについて

「留学してました」ってだけじゃあ留学する意味が無い。「留学してTOEIC○○点取りました」って言えるようにならないと、留学したかいがないと思うので、ひとつの目標としてTOEICのスコア上昇を考えている。現状(2013年10月の試験時)のスコアは630点(R:305,L:325)なのでまずは100点アップを目標としようと思う。

一週間+事前学習の現時点のスコアを把握してみたいので、とりあえず7月13日に日本から買ってきたハイパー模試ってやつを受けてみた。

結果 予想スコア665〜690 L:325〜350 R:315〜340
間を取って 670(L:337,R:332) としておこう。
特に間違いが多かったのがPart3。後はまんべんなくって感じ。御飯食べるときにTOEIC730点の人にアドバイス聞いてみると、とりあえず教材を声に出して読むこと、繰り返し練習することって言っていた。喋れない言葉は聞き取れないって言うし、この学校には音読を出来る環境もある。音読の練習をなるべくするように使用と思う。
8月16日にセブ・シティ内でTOEIC受験できるようなのでそれまでに700点オーバーを目指したい。